酸洗いってなに?なぜ酸洗いをする必要があるの?

酸洗いとはいったにどのようなものなの?

酸洗いというのは、おもに金属表面の洗浄を目的としたり、メッキや塗装など切断等の下地処理を目的として行ったり、ステンレス材の表面に皮膜を再形成する目的で行われます。そして、主な工程は強酸槽に製品を漬け込んで洗浄処理を行います。酸洗いのメリットは、他の工法に比べて比較的安価で均一な状態でステンレスを空気と反応させることが可能なので、サビなど極薄皮をはぐように落とすため製品自体に問題を生じさせないというメリットがあります。

一体何のために酸洗い処理をするの?

先ほど紹介した酸洗い処理の一つとして金属表面の洗浄を目的として行うと言いましたが、なぜこのようなことをする必要があるのかというと、製品作成時における溶接ビードの変色部、熱処理時の黒皮、切断時の油分、汚れや不純物、もらいサビなどを除去するために行うことが多いです。また、表面皮膜の再形成はなんのために行うのかというとステンレス製品に不動態皮膜を形成しサビに強いステンレス本来の状態に戻すために行われます。

酸洗いのデメリットってあるの?

メリットは他の工法に比べて比較的安価で均一な状態にステンレスを空気と反応させることができるということは先程も紹介しましたが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。デメリットの一つが酸洗いの仕上がりは他の工法と比べて梨地に曇ったようになってしまうので、光沢を求める必要のある製品の加工には適していないのでその際は他の工法で処理する必要があります。そして、時間が立つに連れ酸洗いをした製品が変色してしまう恐れもあります。

酸洗いとは、溶接やロウ付けなどで発生した酸化皮膜や不動態皮膜、サビを取り除くための作業のことを指します。